屋久島観光 必要な日数は最短2泊3日?

こんにちはホンケンです! 独自の自然溢れる世界遺産・屋久島、1回は行ってみたいですよね。

先日、実際に行ってみたのですが、結論として最低2泊3日”確保しておくことをお勧めします。これを知らずに屋久島を訪れると間違いなく後悔します。その理由をまとめてみましたので、「あまり楽しめなかった……」という事が無いよう、ぜひチェックしてみてください!

目次

1.縄文杉~実は1泊2日では見られない?~

2.白谷雲水峡も見逃せない~もののけ姫の世界~

3.屋久島から出られない!? 天候にもご注意を!

1.縄文杉~実は1泊2日では見られない?~

やはり屋久島観光の目玉は「縄文杉」 せっかく来たなら絶対に押さえておきたいですよね。

しかし縄文杉を見る為には最低でも2泊3日必要です。その理由は2つ。

  • 島到着後、往復約10時間掛かる。
  • 屋久島への始発/終発に限りがある。

物理的に1泊2日では家に帰れなくなってしまうかもしれないので、余裕を持ったスケジュールがオススメです。

島到着~縄文杉へのアクセス

◆レンタカー
・宮之浦港(屋久島の玄関口)から「屋久杉自然館」まで約40分
・屋久島空港から「屋久杉自然館」まで約20分

◆民間バス
・宮之浦港から「屋久島自然館」まで約50分

◆シャトルバス:車両規制の観点から、途中シャトルバスに乗り換えて登山口を目指します。
「屋久島自然館」~「荒川登山口」まで約40分
シャトルバスのチケットは事前購入がおすすめ! 公式HPサイト

「荒川登山口」~縄文杉まで約5時間のトレッキング

結構な時間が必要な事が分かりますよね…。
更に屋久島への移動手段も考慮すると、鹿児島県民の方でない限り1泊2日では超過密スケジュールになってしまいます。

朝一番早い便で、屋久島へ9:30頃着となります。(飛行機/高速船で鹿児島~屋久島)
一番遅い便は高速船15:45発、飛行機で18:00発です。(屋久島~鹿児島便)
屋久島高速船時刻表
日本航空HP (HP内、鹿児島~屋久島で検索)

2.白谷雲水峡も見逃せない~もののけ姫の世界~

屋久島には縄文杉と並んで外せないスポットとして、ジブリ映画「もののけ姫」の舞台とされている「白谷雲水峡」があります。

「どこを撮影しても絶景になる」といっても過言ではないほど、自然豊かな世界を巡るトレッキングを楽しめます! 体力に余裕があれば、頂上から屋久島の森を見下ろせる「太鼓岩」もぜひ目指してみてください!(最長往復4時間のコース)

白谷雲水峡へのアクセス

◆レンタカー
宮之浦港から約30分 ※駐車場が少ない為、レンタカー利用の際は早めがおすすめ。

◆路線バス
「宮之浦港」バス停から約35分「白谷雲水峡」下車

写真でも美しいですが、実際に訪れた身としては「実際の3%しかこの絶景を伝えられていない!」と思います。自然溢れる神秘的な世界で、視覚だけでなく聴覚、嗅覚も合わせて体験すべき場所です。

3.屋久島から出られない!? 天候にもご注意を!

当たり前ですが屋久島は離島。帰るためには船or飛行機しか手段がありません。

天候が悪いと、下記のような状況になる事も……

こうなってしまうと、もう1泊しなければいけません。出来る事なら3泊4日で予定を組んでおいた方が万が一の時より安心かもしれませんね。

助けていただいたお宿

屋久島の宿 空海さん

1~5名まで泊まれる1棟貸し切りコテージタイプの宿。お部屋が広々としていて木の温もりで落ち着くインテリアが特徴です♪ 特筆すべきは、屋久島に移住してコテージ経営をされているオーナーさん! とても親切な方で、屋久島から出るために港まで付き添ってくれたり……と感謝尽きません。。。

基本的にairbinbかbooking.com経由で予約を取るので外国のお客様が多いそうですが、「もっと日本の方にも来てほしい!」とのことでした。

※食事は提供無しのため、地元のスーパーや食堂などへの送迎サービスもいただけます! 島のスーパーを利用すると「プチ移住」体験ができて面白いかも……?

次回も屋久島特集!

次の記事も屋久島を取り上げます!実は2大トレッキングコース以外にも、まだまだ屋久島には抑えるべき絶景スポットが多数ありますので、お楽しみに!

Instagramで絶景写真公開中!

インスタグラムでは絶景写真や旅を通じて作った楽曲を随時更新中!
リアルタイムで旅の様子を楽しめるので、ぜひぜひフォローしてください(*´▽`*) 

「あの人にも教えたい!」と思ったらぜひシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です