気分はタイムスリップ? 和を感じる島原観光【長崎観光】

こんにちは、ホンケンです。今回は長崎県の島原をご紹介!長崎観光というと長崎市内や佐世保が目立ちがちですが、実は有明海近くの島原も外せない観光スポットの1つ! 京都のような「和」を感じる街が好きな方は、ぜひチェックしてみてください!

目次

1.鯉の泳ぐ街~癒されたい方必見!~

2.島原城~隠れキリシタン文化を学ぶ~

3.島原温泉~疲れも癒してみては?~

1.鯉の泳ぐ街~癒されたい方必見!~

島原の街を訪れると、まず目に付くのが水路。「鯉の泳ぐ街」と題した観光スポットになっており、落ち着いた和の雰囲気に癒されること間違いなしです。

■湧水庭園 四明荘 では1日に3000トンもの湧き水があり、その透明度から「鯉が宙に浮いている」「影が2匹目の鯉に見える」などなど……色々言われているそうで、実際に見ると確かに納得するほど透き通った池を楽しめます。

確かに空に浮かんでいるような…鯉のぼりが作られたのも納得します。

■湧水庭園四明荘:島原市公式HP
〒855-0803 長崎県島原市新町2丁目
大人:310円 高校生以下:150円

人が少ないタイミングであれば、縁側に腰かけてお茶を飲みながら、ゆっくり鯉を眺める……なんて過ごし方も出来ます。普段の生活に忙殺されている方に特にオススメです♪

2.島原城~隠れキリシタン文化を学ぶ~

鯉を楽しんだら次は島原城をチェック! 「島原の乱」でお馴染みの島原市ですが、城内は資料館として運営されており当時の文化を学ぶ事が出来ます。「隠れキリシタン」について教科書で学んだ時には「大変だな~」程度にしか感じなかったですが、城内で信仰のために使ったのであろう像などを見ると、当時の迫害と抵抗を生々しく訴えかけてくるようでした。

天守閣からは島原市内と有明海、そして雲仙岳を望む絶景を楽しむ事が出来ます。

島原半島の特徴的な地形が織りなす絶景スポット! ここは絶景好きなら外せませんよ!

■島原城:公式HP
〒855-0036 長崎県島原市城内1丁目1183−1
大人:550円 高校生以下:280円

3.島原温泉~疲れも癒してみては?~

鯉や絶景で心が癒されたら、今度は体の疲れも癒しちゃいましょう!
実は島原市には温泉もあり、旅の疲れを癒すこともできます。

今回利用したのはアーケード街から直結の「ゆとろぎの湯」さんです!
施設の外には足湯も! こちらは無料で利用できます!

今回利用した「ゆとろぎの湯」さんは、温泉を楽しむだけでなく、休憩室から雲仙岳の絶景が楽しめるスポットだったりします!

■島原温泉 ゆとろぎの湯:公式HP
〒855-0805 長崎県島原市堀町171−3 
大人:530円 小学生以下:270円(※タオル別)

今回利用した鉄道・ここも絶対に押さえたい絶景!

島原に来たら「島原鉄道」も絶対に乗りたい所。鉄道が好きな方は恐らく自然と乗るでしょうが、鉄道好きってわけじゃない方も絶対に乗った方がいいです!その理由は途中の駅「大三東」
「日本で一番海に近い駅」と言われており、ホームから有明海を望む景色をご覧いただけます。

大変恥ずかしながら、この駅の存在を知らず移動手段として島原鉄道に乗っていたので車内のガラス越しでの写真ですが十分絶景ですよね!
駅に掲げられている黄色いハンカチは、願い事や大切な想いが込められているそう。
(ちなみに駅の中にハンカチを買えるガチャガチャがあるとのことです)

島原駅から3駅ですので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

切符は昔ながらの駅員さんが切るタイプ。人生で初めて体験した♪

次回は……?

次回は島原から長崎市内に移動して、夜景を見に出かけます!
島原と合わせて1日でも楽しめるのでぜひ次回も合わせてご覧くださいませ♪

「あの人にも教えたい!」と思ったらぜひシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です